【キッズドア応援クラブ メンバー企業インタビュー】<第2回>自分の子、他人の子、わける必要はない。子どもたちのためにできることを 〜株式会社浪忠 奥井 利貞 氏

キッズドア応援クラブメンバー企業インタビュー<第2回>】

株式会社 浪忠
代表取締役  奥井 利貞 氏

材木の販売から、家具や什器、スペースデザインまで

弊社は、1966年に大阪で材木を販売する奥井材木店として開業し、材木の販売をメインにずっとやってきました。時代の流れに伴い、建築資材だけではなく、木材を加工して様々なものに発展させ、現在では一般家庭で使う注文家具や商業施設の什器、スペースデザインやリノベーションなどを手がけるようになりました。

木材はヨーロッパ産が70%, 国産が30%ですが、最近は日本のものの比率があがってきており、いずれは半々にしていきたいと考えています。

日本は国が主導してきた植林がありますが、内地産の木を商品化してもコストがかかりすぎて販売が難しいのが現状です。国は補助金を出し、内地産の材木や間伐材の使用を奨励しています。

木材だけでは販売が難しくても、加工したり空間での利用などさまざまな方法を駆使して国内産の供給を高めようと努力しています。
 

今の日本にお腹をすかせた子どもがいることに驚く

キッズドアについては、たまたまネットで検索をしていて知りました。

“日本の子どもの7人に1人が貧困”
これを見て、「こんなにいるんだ!」と衝撃を受けました。全く知りませんでした。それをきっかけに関心を持つようになり、いろいろと調べるようになりました。 続きを読む “【キッズドア応援クラブ メンバー企業インタビュー】<第2回>自分の子、他人の子、わける必要はない。子どもたちのためにできることを 〜株式会社浪忠 奥井 利貞 氏”

【キッズドア応援クラブ メンバー企業インタビュー】 <第1回>子どもたちに「楽しいことをしよう」「チャンスしかない」を言い続けたい〜やきとん木々家(はやしや) 林田 博之氏

キッズドア応援クラブメンバー企業インタビュー<第1回>】

やきとん木々家(はやしや)(株式会社HBGC)
代表取締役 林田 博之氏

“楽しい”を設計し「楽しい会話をした記憶」を持ち帰ってもらう

2008年の12月に、やきとん居酒屋「木々家(はやしや)」の経営を始めました。
一般的に見れば、やきとんと美味しいお酒を提供する居酒屋ですが、私たちがお客様に持ち帰っていただいているのは、「楽しい会話をした体験もしくは記憶」です。私たちは“楽しい”を設計してお客様に販売しています。

現在、7店舗に拡大しましたが、経営で大切にしているのは、チームビルディングです。
楽しんで働いている人がそこにいるからこそ、そこで飲んで食べていると結果的に楽しい会話ができるという考えから、木々家にきて持ち帰ったものとして記憶にあるのは“楽しかった会話”、でも言葉から出てくるのは「やきとんうまかった」とお客様に言ってもらえることを私たちは設計しています。

人生最大の覚悟 株式投資家から「食」業界へ
ネガティブ思考からの徹底した実践

高校卒業後はずっとフリーターで、「使えね−」などと否定されまくっていたので、「見返してやりたい!なけなしのお金を増やしたい」という単純な理由で、2005年から株式投資を始めました。

ちょうど個人投資家ブームで、そこそこパフォーマンスは出ましたが、やっている事はギャンブルと一緒。社会に価値を生んでなかったことが原因なのか、ただただ虚しく、精神的に満たされるものはありませんでした。 続きを読む “【キッズドア応援クラブ メンバー企業インタビュー】 <第1回>子どもたちに「楽しいことをしよう」「チャンスしかない」を言い続けたい〜やきとん木々家(はやしや) 林田 博之氏”

株式会社ライブズ様の「ライブズスペシャルデー」に招待されました!

9月1日(土)、「キッズドア応援クラブ」メンバーとしてご支援いただいている株式会社ライブズ様の「ライブズスペシャルデー」が、ZOZO マリンスタジアムで開催されました。

千葉ロッテマリーンズ vs 北海道日本ハムファイターズの試合が行われている球場外周では、ライブズスペシャルデー特設テントで大抽選会などが行われました。

マリンスタジアムでは、キッズドアのこともご紹介いただきました。


続きを読む “株式会社ライブズ様の「ライブズスペシャルデー」に招待されました!”

キッズドア応援クラブの集いを開催しました!

キッズドア応援クラブには現在20社のみなさまに会員企業としてご加入いただいておりますが、このたび会員企業様とそして企業様同士で交流を図っていただく機会として、「キッズドア応援クラブの集い」を開催いたしました。

都内企業のみならず、遠くは仙台・大阪からもお集まり頂き、ご参加いただいた企業の皆様は積極的に交流を図っていらっしゃり、代表・渡辺の活動報告も、真摯に聞き入る皆様に引き込まれ、いつにも増して熱の入った話をさせて頂きました。 続きを読む “キッズドア応援クラブの集いを開催しました!”

10月25日『キッズドア応援クラブ』の懇親会を行いました!

10月25日夜、企業様にキッズドアの無料学習会を継続サポートしていただく仕組み
『キッズドア応援クラブ』の懇親会を行いました!

==
キッズドア応援クラブとは?
http://backers.kidsdoor.tokyo/
==

あいにくの雨の中でしたが、会員企業の皆様にお集りいただき、
日本の子どもの貧困を取り巻く現状や、日頃のキッズドアの学習会の様子、
困窮家庭・子ども・ひとり親を企業人としてどうサポートできるかなど、
話題が尽きることなく、熱く語り合う時間となりました。
続きを読む “10月25日『キッズドア応援クラブ』の懇親会を行いました!”

【キッズドア応援クラブ メンバー企業 メッセージ】株式会社銀座屋 代表取締役 森 浩一 様

株式会社銀座屋
代表取締役 森 浩一 様

私たち銀座屋は、総合リユース企業として、海外輸出事業を行っています。
そこで、スラムで暮らす貧しい子どもを目にし、これまで海外の子どもの支援に力をいれてきました。
しかし、キッズドア様に出会い、日本にも貧困に苦しむ子どもが沢山いるということを知りました。

そして、2017年より応援クラブに参加させていただくことにいたしました。

弊社は、2010年創業と歴史は浅く、人間で言えば8歳の小学生です。
そして、これから様々なことを学び、成長し、「無駄のない社会」を実現したいという夢を持っています。
だからこそ、同じように夢を見て成長していく子どもたちを、サポートしていきたいと考えています。

子どもが持つ可能性は無限大です。
その限界を大人たちが決めてはいけないと思っています。

銀座屋は、キッズドア様の支援を通して、子どもたちの夢を応援します。

www.ginzaya.co.jp

【キッズドア応援クラブ メンバー企業 メッセージ】もっと何かできるはず基金 運営委員長 株式会社ファンケルスマイル 代表取締役社長 簑島 修 様

もっと何かできるはず基金 運営委員長
株式会社ファンケルスマイル 代表取締役社長
簑島 修 様

「人を喜ばせたい」この想いからファンケルグループの事業は生まれました。
社会活動方針は、「地域とのつながり、ハンディキャップを持つ方々との交流を大切に」です。

従業員が働きながらでも参加しやすい社会貢献活動「もっと何かできるはず基金」として給与から天引きの寄付活動を行っています。

今回はキッズドアさんの活動に共感した従業員から申請があり支援させていただきました。
これからも誰もが笑顔で暮らしていける地域づくりに、継続的に取り組んでまいります。

www.fancl.co.jp

【キッズドア応援クラブ メンバー企業 メッセージ】株式会社サクラボ 代表取締役社長 早坂 啓 様

株式会社サクラボ
代表取締役社長 早坂 啓 様

弊社は自動車業界に特化したWEB制作・マーケティング事業と転職支援事業を営んでおります。事業を通して、ひとつでも「迷いと悩み」を解決することが我々の仕事です。

現代の子どもは「自己肯定感が低い」というデータがあります。

「好きな事」を我慢させる日本の教育が理由かもしれません。一方で好きな事ややりたい事が決まっているのに貧困を理由に断念してしまう子がいるのも事実です。

弊社の事業範囲では「子どもの貧困」を直接的に解決する事が難しいですが、 我々のお客様にもこの問題を周知し、多くの子どもたちの未来を応援したいという想いでこのキッズドア応援クラブに参加しております。

日本の宝である子どもたち、若者を弊社は応援しています。


www.sakurabo.co.jp

【キッズドア応援クラブ メンバー企業 メッセージ】株式会社CloudNine 代表取締役 島本 倖伸 様

株式会社CloudNine
代表取締役 島本 倖伸 様

【思いは1つ皆の幸せ 社会貢献へ続く道】

株式会社CloudNine(クラウドナイン)の企業理念「Your health. Our future.」

日本語では「あなたの健康。私たちの未来。」のもと、皆さまの健康を通して永続的に社会貢献できる企業として成長してまいります。

「健康と社会貢献」をテーマに、夢と希望を持てる社会を目指して、事業活動を行ってまいります。

 

www.cloud9-cbd.co.jp

【キッズドア応援クラブ メンバー企業 メッセージ】Newton Information Technology Ltd. 代表取締役社長 森本 健至良 様

Newton Information Technology Ltd.
代表取締役社長 森本 健至良 様

キッズドアさんの理念に共感し、応援クラブに参加いたしました。

弊社は英国に拠点を置き、欧州で事業展開されている日本企業のITインフラや業務システム構築をお手伝いしております。

甚だ僭越ですが、欧州でのビジネス通じて得た経験から、多様性の理解、受容、尊重が、自らのアイデンティティーを持ち、世界の人々と関わって行く為に日本人にとって益々重要になると強く感じており、そのことを次の時代を担う子供達に伝えたいという思いがあります。

また、英語は日本人にとって身近な言語の一つであり、身に付けることで世界が広がるということも伝えてまいりたく、前述の点と併せ、子ども達が日本と海外の架け橋になることに関心を持ってくれるよう、何らかの形で支援したいと存じております。

www.newtonit.com/ja/