生活保護家庭の子どもは大学進学ダメ…?日本の貧困と教育格差の現実

生活保護家庭の子どもは大学進学ダメ…?日本の貧困と教育格差の現実
NPO法人もやい理事長 大西 連

(現代ビジネス 2018年6月1日)

◆生活保護家庭の子どもは大学進学できない?

今国会において、「生活保護家庭の子どもの大学進学」に関しての議論がおこなわれている。

生活保護家庭の子どもの大学進学については何度か書いたことがある。簡単に言うと、以下の問題がある。

・生活保護世帯の子どもの大学進学は制度的に認められていない。(働ける人はまず働くと言う原則があり大学進学は考慮されていない)

・例外的な措置として「世帯分離」という方法をおこなうことにより大学進学を可能にしているが、この方法は子ども本人や生活保護世帯に負担がくるものである。

・実際に子どもが大学進学をすると子ども分の支給額が減額され(世帯によっては6万円以上減額されることも)、子どもは学費を奨学金で全額まかない、自分の生活費をアルバイトで稼ぐ生活を強いられる。

・これらの実態により、生活保護世帯の大学進学は19.2%であり、一般世帯が53.9%であることを考えると大きな差が開いてしまっている。 続きを読む “生活保護家庭の子どもは大学進学ダメ…?日本の貧困と教育格差の現実”

「子どもの貧困対策プロジェクト」―全国100カ所50億円投下 日本財団

「子どもの貧困対策プロジェクト」―全国100カ所50億円投下―(笹川陽平) – BLOGOS 2016年06月10日

日本財団は、株式会社ベネッセホールディングス(以下、ベネッセ)をはじめとする各分野の第一人者とともに、子どもの貧困問題の有効な解決策を実証する「子どもの貧困対策プロジェクト」を開始し、その第一号拠点を埼玉県戸田市に開設することとなりました。わが国の子どもの貧困率は、1980年代から一貫して上昇傾向にあり、今日では6人に1人の子どもが貧困状態にあるといわれております。(続く)
続きを読む “「子どもの貧困対策プロジェクト」―全国100カ所50億円投下 日本財団”

世帯収入より母親の学歴が影響? 大学進学断念の背景 高3生らに沖縄県が初の大規模調査

世帯収入より母親の学歴が影響? 大学進学断念の背景 高3生らに沖縄県が初の大規模調査
(沖縄タイムス+プラス 2018年6月5日)

 沖縄県は4日までに、高校3年生や保護者らを対象に実施した高等教育を受ける機会の創出や環境整備に関する調査結果をまとめた。大学進学希望者は68・7%だが、実際の大学進学予定は54・4%と差が生じた。理由では、生徒は学力と家庭の経済状況が「ある程度」を含めてそれぞれ約7割が関係すると回答。世帯収入が低いほど経済状況を理由に挙げる割合が高かった。(続く)

続き↓
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/262584

東京の真ん中でも、ご飯が食べられない。調査から見える子どもの貧困 「こども宅食」に救われた人たちの声とは。

東京の真ん中でも、ご飯が食べられない。調査から見える子どもの貧困
「こども宅食」に救われた人たちの声とは。
(BuzzFeed News 2018年04月24日)

皇居の北側にあり、東京大学や東京ドームを擁する東京都文京区。人口19万人のこの街では、約1千世帯が貧困状態にあるという。

2017年から始まった、貧困世帯の子どもたちの家庭に食料を直接届ける「こども宅食」の取り組みでは、文京区内の150世帯を対象に10月から計3回にわたって、食料品を提供してきた。

このプロジェクトを通じ、そうした支援を受ける人たちの貧困の実態が明らかになった。

●そもそも「こども宅食」とは…?

「こども宅食」とはその名の通り、低所得世帯(児童扶養手当、就学援助受給世帯)にいる子どもたちの家に直接、無料で食料を届ける仕組みだ。

認定NPO法人フローレンスやNPO法人キッズドア、村上財団や文京区などの6団体が、コンソーシアム(共同事業体)としてプロジェクトを続けている。企業やフードバンクなどの協力団体も10あるという。 続きを読む “東京の真ん中でも、ご飯が食べられない。調査から見える子どもの貧困 「こども宅食」に救われた人たちの声とは。”

「子供の生活実態調査の詳細分析について」(東京都福祉保健局)

子供の生活実態調査の詳細分析について

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/syoushi/syoushi/oshirase/jittaityousabunseki.html

1.詳細分析の概要

平成28年度に首都大学東京と連携して都が実施した「子供の生活実態調査」の調査データを活用し、子供の生活実態(食事、健康、学習及び学習環境、放課後・休日の過ごし方、友人関係、自己肯定感など)と、家庭や保護者の状況(世帯形態、家計の状況、保護者の就労状況、子供との関わり方など)との関連等の分析を行いました。

2.詳細分析の結果

(1)概要版

(2)全体版

(3)分割版

3.参考

「子供の生活実態調査」の結果については、こちらをご確認ください。

「子供の生活実態調査」の結果について

「貧困による教育格差は幼少期から」日本初のデータでわかった学力・生活習慣格差(ダイヤモンド・オンライン)

●「貧困による教育格差は幼少期から」日本初のデータでわかった学力・生活習慣格差
(ダイヤモンド・オンライン 2018.3.14)

驚くほど深刻化する子どもの貧困
日本は先進国35ヵ中8番目

 日本では、社会の格差や貧困層の拡大が深刻化している。

 日本の相対的貧困率は先進国35ヵ国中8番目の15.6%(2015年)と高い水準にある。相対的貧困とは、必要最低限の衣食住は確保できるものの、その地域や社会において「普通」とされる平均的な生活を享受することができない状態のことである。世界第3位の経済大国である日本において意外に思えるかもしれないが、日本の格差の一面を端的に示している。 続きを読む “「貧困による教育格差は幼少期から」日本初のデータでわかった学力・生活習慣格差(ダイヤモンド・オンライン)”

「子どもの貧困」がもたらす心への影響 就職や結婚にまで深刻な影響を及ぼす可能性も(デイリー新潮)

「子どもの貧困」がもたらす心への影響 就職や結婚にまで深刻な影響を及ぼす可能性も(デイリー新潮- Yahoo!ニュース 2018.3.8)

 子どもの7人に1人が相対的貧困の状態にある日本。「相対的貧困」とは、その社会において当たり前とされる生活をするのが困難な生活水準に置かれた状態のことを指す。子どもの生活にたとえれば、友達と遊んだり、学校に行ったり、家族と休日に出かけたりといった、ごく当たり前のことができていない状態である。そんな状態に置かれた結果、家計を支えたり、自分の進学費用を貯めるためにアルバイトをせざるを得ない「高校生ワーキングプア」が増えているという。 続きを読む “「子どもの貧困」がもたらす心への影響 就職や結婚にまで深刻な影響を及ぼす可能性も(デイリー新潮)”

子どもの貧困…経済的な理由で「塾・習い事を諦めた」7割 (読売新聞)

子どもの貧困…経済的な理由で「塾・習い事を諦めた」7割
(読売新聞・ヨミドクター 2018年3月6日)

 低所得世帯の子どもを支援する公益財団法人「あすのば」(東京)が、経済的な理由で子どもたちが諦めざるをえなかった経験について調査した結果を公表した。

 それによると、回答した保護者の約7割が、子どもの塾や習い事を諦めており、教育など様々な機会が奪われている現状が浮き彫りとなった。

 調査は、昨年10~12月、同法人が低所得世帯向けに支給する給付金を受けた世帯の保護者や高校生、大学生を対象に実施し、計約1500人が回答した。 続きを読む “子どもの貧困…経済的な理由で「塾・習い事を諦めた」7割 (読売新聞)”

年収による教育格差って本当にあるの? (Yahoo!ニュース/ベネッセ教育情報サイト)

年収による教育格差って本当にあるの?
(Yahoo!ニュース/ベネッセ教育情報サイト 2018年2月26日)

ファイナンシャルプランナー畠中雅子さんが、教育費の悩みにお答えします。

***

教育資金のアドバイスをしているとき、とても気になることがあります。それは、お子さまが成長するほど、年収の差が教育コストに反映される現実。
お子さまが小さい時は、教育費の負担が少ないため、年収が500万円のご家庭も1,000万円のご家庭も同じくらいの習い事ができたりします。
もしかしたら、年収300万円のご家庭と、年収1,000万円のご家庭が、同じくらいの費用をかけているかもしれません。 続きを読む “年収による教育格差って本当にあるの? (Yahoo!ニュース/ベネッセ教育情報サイト)”

「可視化」を拒む公教育が、貧困連鎖を助長する(ダイヤモンド・オンライン)

「可視化」を拒む公教育が、貧困連鎖を助長する
(ダイヤモンド・オンライン 2018年2月25日)

 大阪府箕面(みのお)市では、「公教育改革」が進んでいる。教育委員の過半数を公募することで注目を集める箕面市だが、特筆すべきは、教育現場で“タブー”となりがちな「数値」をもとにした改善だ。生徒の学力の経年変化を追い、校長が現場の教師を指導する際にも数値を根拠にする。こうした取り組みの結果として生徒の学力を引き上げている。この箕面市の取り組みは、公教育のクオリティを飛躍的に高める可能性がある。

 貧困家庭の子どもは貧困に陥りやすいという、いわゆる「貧困連鎖」が日本ならず世界的にも問題視されているが、 続きを読む “「可視化」を拒む公教育が、貧困連鎖を助長する(ダイヤモンド・オンライン)”